« あさって朝子さん(伊藤理佐) | トップページ | くいしんぼうのうた 2013年8月 »

2013年8月 2日 (金)

チャンネルはそのまま!(佐々木倫子)

本屋さんへ行ったら、大好きな「チャンネルはそのまま!」の最新刊が出ていたので喜んで手に取ったのですが、なんと!

         51tjywivgel__sl500_aa300_

   

最終巻でした(´_`。)

というわけで、今日はこの作品の感想を書いてみようと思います。ネタバレも含まれるので、折りたたみます。

   

※ご注意※

携帯で閲覧される場合、折りたたみが反映されない事があります。ネタバレを希望されない方はこれより下は読まないようにお願いします(*_ _)

     

     

本作品の主人公は雪丸花子。
北海道☆(ホシ)テレビの報道局に採用された新人記者です。

どうも本人は報道記者やアナウンサーを目指していたわけではなく、「面白そう」という理由だけでTV局の面接を受けた模様。奇跡的に一次面接を切り抜け、二次面接の「なんでもいいから取材してくる」という課題に対し、遅刻&プレゼン時間をオーバーするという失態をおかしながらも採用されました。

  

…なぜ??

 

雪丸さんは、社がある札幌から地下鉄に乗って終点で降り、たまたま出くわした焼き芋屋さんの車に同乗して話しながら戻ってきただけなんですけど、自分でも気づかないうちに焼き芋屋さんの人となりまで面白おかしく取材していたんです。

そこで常識あるまじめな社員たちは考えました。
自分たちだけでは限界があるのではないか? 爆発力にかけるのではないか?と。
そしてその名もズバリ“バカ枠”、起爆剤的な存在になってくれたら…という願いからの採用でした。

   

そして勉強のために付いて行った大雨による河川氾濫の取材。
アクシデントによりケガをしたベテラン記者に変わっていきなりニュース番組の中継をさせられることとなり、板に乗って流されている人を発見!! と思って近づいてよく見てみたら、人ではなく…猿Σ(゚д゚;)

で、その猿を格闘しながらも救助するシーンが放送され、上司であるデスクはさらに上から叱責されるのですが、ふたを開けてみれば、普段ものすごく低視聴率なニュース番組なのに、その時間帯トップの数字を…!!

     

…というのが一巻の2話目くらいまでのお話であり、これが雪丸さんの全てを表しているお話だと思います。

    

雪丸さんは確かに“バカ枠”採用かもしれません。

でも確実に“持ってるヒト”でもあるのです。

誰に対しても朗らかで裏表の無い人柄を武器(本人無自覚)、堅物の心すらOPEN…w

    

最終巻ではそんな雪丸さんも少しだけ(?)成長もしていますし、まさかの入浴シーンまで披露(;゚∇゚) 

   

ちなみに…、このお色気シーン(?)のあった回のお話ではスキージャンプが取り上げられてますが、私もジャンプは2度ほど経験があります。夢でw ちゃんと着地した時にはテレマーク(っていうんでしたっけ? なんか片膝を立てた王子みたいなポーズ)姿勢も決めてました、私ヽ(゚▽゚)ノ

    

…とそんなことはともかく、少々残念だったのが私としては多少なりとも雪丸さんにも恋バナの一つくらい…って思っていたのですが、それが全くなかったことでしょうか。まぁ、恋愛には相当縁遠い人物だとは思いますが、お相手はやはり、いいヤツなのですがまじめでお堅く、普段から雪丸さんに迷惑を掛けられっぱなしの同期/山根w もしくは同じく落ち着いた見た目の同期/北上さんも良かったのではないかと…。

うーん、残念だ(゚m゚*)

   

   

作品:チャンネルはそのまま!(全6巻)
作者:佐々木倫子
出版社:小学館
値段:1040円(税込)

« あさって朝子さん(伊藤理佐) | トップページ | くいしんぼうのうた 2013年8月 »

日常」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« あさって朝子さん(伊藤理佐) | トップページ | くいしんぼうのうた 2013年8月 »

FF14に関する画像等、著作について

  • 記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の商標、または登録商標です。 Copyright (C) 2010 - 2013 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.
2016年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

Twitter

無料ブログはココログ