« 紅蓮祭 2015 | トップページ | 霰亀甲(刺し子の花ふきん) »

2015年8月15日 (土)

玉ねぎ染めに初挑戦(゚m゚*)

玉ねぎの皮がそこそこ集まったので、玉ねぎ染めに初挑戦してみました!

染物自体初めてで、沢山のサイトを参考にさせて頂いたのですが、まったく同じことが書いてあるということもなく…、ということで、拝見したサイトを自分で丼勘定し平均させて作ってみました(゚m゚*)

 

【材料】

玉ねぎの皮 … 約20g
水 … 2500cc
焼きミョウバン … 40g
晒 … 約2.5m

 

【染め方】

※下準備

  晒はたっぷりの水に1時間程度つけた後、何度か濯ぎ、糊を落としたものを使っています。

 

ホーローの鍋に水と玉ねぎの皮を入れ、火にかけます。

Dsc01447

 

沸騰した時点で水がかなり茶色になっていたので、すぐに火を止めてざるで越し、越した玉ねぎのゆで汁をホーロー鍋に戻します。

Dsc01448

 

そこに、一度水に濡らして絞った晒を入れ、10分程火にかけます。色むらが出ないよう、こまめにかき混ぜたり、晒をひっくり返したりしていました。
10分経ったら火を止めて小一時間放置しますが、この時も約10分間隔で晒を混ぜたりひっくり返したりしていました。

Dsc01449

 

“③”で晒を放置している間に、ミョウバン液を用意します。ミョウバン液は水に対して焼きミョウバンが5%。今回、私が用意していた焼きミョウバンが40gだったので、800ccの水を使いました。今回の晒(約2.5m)に対しては、ちょうど良い量でした。

“③”の時間が経過したら、晒を軽く水洗いしミョウバン液の中へドボン!

Dsc01451
     

Dsc01453
        

ミョウバン液を晒全体によく馴染ませた後、約1時間放置します。この時も心配だったので、15分感覚くらいで晒を混ぜたり、ひっくり返したりしていました。

そして時間が経ったら、よく水洗い(水が透明になるくらいまで)したら日陰干しして完成ですヽ(*´∀`)ノ

 

Dsc01455

ミョウバン液につける前は薄いオレンジのような、ベージュのような微妙な色だったのに、つけたとたんに鮮やかな黄色になったのでびっくりです( ゚д゚)!!

色むらもなく、なかなか良い感じに染めることができました。

さてさて、どんな柄のお布巾を作ろうかな(*゚ー゚)??

 

  ※追記

     乾かしてアイロンを当て、染める前の晒の上に重ねてみました。
     ぬれている時より、少し落ち着いた黄色になりました(*゚д゚*)
     本物は写真よりもう少し明るいです。

Dsc01467

     

« 紅蓮祭 2015 | トップページ | 霰亀甲(刺し子の花ふきん) »

手芸」カテゴリの記事

日常」カテゴリの記事

染物」カテゴリの記事

コメント

おおー、マスタードカラーのようなきれいな黄色ですな。

染色ってドキュメンタリー番組などで時々見ますが、
なんでこの色材でその色になるの!?っていうのが面白いですよねw

>イワンさん
  
玉ねぎの煮汁が想像より濃い茶色になってしまったので、これはまずいぞ…と思っていたのですが、ミョウバン液に付けたらパッと黄色くなったので安心しました。
茶色は茶色で渋くて良いのかもですが(゚m゚*)
 
そうそう、桜の木の皮とかで染めるとものすごい茶色の煮汁でピンクとかに染まったりしますよねw

来年は、母に藍を育ててもらって藍の生葉染めにも挑戦してみようかな(´∇`)

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 紅蓮祭 2015 | トップページ | 霰亀甲(刺し子の花ふきん) »

FF14に関する画像等、著作について

  • 記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の商標、または登録商標です。 Copyright (C) 2010 - 2013 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.
2016年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

Twitter

無料ブログはココログ