書籍・雑誌

2015年3月19日 (木)

いとへん(宇仁田ゆみ) あぁ、仕立て屋さんに行ってみたい(*゚д゚*)!

今まで読んだことのないような漫画を…と、本屋さんをウロウロして見つけたのが

 

 

Dsc012740
宇仁田ゆみさんの「いとへん」((株)祥伝社 670円(税別))。

 

主人公は就職浪人になりかけていた「ななこさん」で、通りを歩いていた時にショウウインドウに飾ってあったワンピースに一目惚れ! ただ、ちょっと普通の洋服屋さんと様子が違うと思いつつお店に入るとそこは仕立て屋さんであり、すったもんだあった後、お店で働くことになって…

と、正直、全体を通して面白くはありますが、そう突飛なストーリーではありません。

 

が、この本を読んだあと…

 

 着てみたい、私もいつか本当に自分に合ったサイズの服を着てみたい(*゚д゚*)!!

 

って気持ちは大爆発(゚m゚*)

ななこさんが、初めてオーダーメイドの服を身に着けて「楽、動きやすい、軽い、着てないみたい!」と絶賛していたり、お金を貯めてはオーダーにくるお客さんがいるエピソード、仕立て屋さんの並々ならぬこだわり等々、オーダーメイドの服に物凄く興味を持つことになりました!

さっそくネットで調べてみると、仕立て屋さんはあまり多くなさそうですが、私自身、流行の服を楽しむ派でもないし、長く着られるシンプルなワンピースなんかを作ってもらいたいし、なによりそれ着てみたいと思ったのでした(*゚ー゚)

 

2015年2月11日 (水)

雑談力が上がる話し方(齋藤 孝)

私は人見知り。

 

と、一言で言ってみましたが、人見知りにも色んな人がいるのではないでしょうか。

例えば自分の場合。
私が最も苦手とするのは、所謂“会社の人”。
どちらかが会社を辞めても友人関係が続くような人ではなく、かといって嫌いなんて感情は全然なくて、社会人として常識的であり、まじめでやさしい人たち。けれどお互いになのか、私自身が引いているのか見えない線があって、さらにその線を一歩踏み込んだら良いのか、そんなことをしては失礼なのか判断がつかず、なんの話をしたら良いのかわからなくなる。それでも長い時間を共にし、当たり障りのないコミュニケーションを必要とする関係…。

今はコンプライアンス重視で、飲み会へ無理に誘うことも、参加しない人を非難することもナンセンスとされる時代。だから気にせず、仕事さえまじめにしていればそれでいいのかもしれないけど、私の中ではせめて9時~17時半の定時の間だけでも一日の大半を共にする者として上手く会話ができたらどんなにか良いだろうっていう思いがあるのです。

 

そんな私が本屋さんでフラフラしていた時にふと見つけたのが、齋藤 孝さんの『雑談力が上がる話し方』でした。

 

St_3
目に入ったもの(例:洋服や小物)や身近な変化(例:お店が入れ替わった)ことなどなんでも良いから話題として振ってみる等々、具体的な例を交えながら、繰り返し書かれているのが雑談には結論もオチもいらない、その場を離れなければならない時間がきたら「それでは!」と立ち去ればいいということ。

中でも私があぁそうか…と思ったのが、例えば会社の上司などがちょっとした時間に趣味や休日の過ごし方について話を聞いてきたとして、でもそれは本当にそれを知りたいというより、話のきっかけとして話題を振っているに過ぎず、固く考えることはないというお話でした。

 

正直、読まずとも頭では分かっていることも多いです。
ですが、そういった部分に関しては自分自身に「うん、大丈夫」と思えて安心できたし、とにかく気楽に考えようって背中を押してもらえた気がしました(*゚ー゚)

 

2013年11月22日 (金)

87CLOCKERS(二ノ宮知子)

昨日、本屋さんによったら「87CLOCKERS」の最新刊である4巻が出ていたので即買いしました。(画像の右下が4巻の表紙)
今日は、この作品について書いてみます。ネタバレも含まれますので、折りたたみます。

          

      61bwtncgcwl__aa300_

   

※ご注意※

携帯で閲覧される場合、折りたたみが反映されない事があります。ネタバレを希望されない方はこれより下は読まないようにお願いします(*_ _)

     

 

 

 

 

 

 

続きを読む "87CLOCKERS(二ノ宮知子)" »

2013年8月 2日 (金)

チャンネルはそのまま!(佐々木倫子)

本屋さんへ行ったら、大好きな「チャンネルはそのまま!」の最新刊が出ていたので喜んで手に取ったのですが、なんと!

         51tjywivgel__sl500_aa300_

   

最終巻でした(´_`。)

というわけで、今日はこの作品の感想を書いてみようと思います。ネタバレも含まれるので、折りたたみます。

   

※ご注意※

携帯で閲覧される場合、折りたたみが反映されない事があります。ネタバレを希望されない方はこれより下は読まないようにお願いします(*_ _)

     

     

続きを読む "チャンネルはそのまま!(佐々木倫子)" »

2013年7月30日 (火)

あさって朝子さん(伊藤理佐)

情報誌Hanakoで連載されていた「あさって朝子さん」(マガジンハウス)が文庫サイズになって帰ってきました!

     51qfise2bll__sl500_aa300_

     

普通の人ではあるけれど少しドジでズレてる朝子さん(三十路、独身)を中心に、アパレル会社の同僚たちとのやり取りが展開されていきます。

ちなみに私が一番笑ったのは、朝イチで会議がある日に限って寝坊する話。
慌ててタクシーに乗るのですが、繊細な運転手さんが朝子のただならぬ“急いでくれ!オーラ”にやられるっていう…┐(´-`)┌
私も慌ててタクシーを利用することがよくあるのですが、出しちゃってるんだろうな、オーラ(*ノノ)

それから伊藤理佐ファンとして嬉しかったことも。
なんと出版社の垣根を越えて講談社のマンガ誌で連載している「おーい、ピータン」の主人公大森さん(太目で皆に愛され、ちゃんと仕事もできる食いしん坊な編集者)がちょっぴり出てくるとこでしょうか。
悪意は無いとはいえ朝子たち女子社員が大森さんをネタに笑っているのが筒抜けなんですけど、あんな(←失礼w)大森さんにも、超出来た彼女がいるんだよ!と今は彼氏無しの朝子に教えてあげたくなります(゚m゚*)

       

    

作品:あさって朝子さん
作者:伊藤理佐
出版社:マガジンハウス文庫
値段:619円(税別)

2012年12月20日 (木)

「すーちゃんの恋」(増田ミリ)を読みました。

昨日、益田ミリさんの「すーちゃんの恋」を読みました。

41wdr99kwl__bo2204203200_pisitbstic

今日はその感想を書いてみます。

以下、ネタバレが含まれますので折りたたみますが、携帯や今日の日記に直リンクの場合だと「続きから読む」が反映されないことがあるようなので、その場合はここまででお願いします。ご面倒をお掛けします(*_ _)

 

   ***** これより感想(ネタバレ有り)になります *****

 

 

 

続きを読む "「すーちゃんの恋」(増田ミリ)を読みました。" »

2012年11月21日 (水)

「聖☆おにいさん」8巻 12月3日(月)発売ヽ('ヮ'*)ゝ

   
    
  
  『「聖☆おにいさん」8巻の表紙公開、9巻もアニメDVD付き
   
   
   
ですって!!
  
 
DVD付きみたいですね。来年5月には映画(アニメ)も公開されるし、楽しみだなぁ(´∇`)
  
そういえば、今日は経費精算の作業があったのですが、うちの経理の担当の人がアナンダだったらいいのにってちょっと思ってしまった(*゚ー゚)
  
あ、でも…、ちょっとミスっただけで、まったく融通利かず突っ返されそうな気がしないでもない…(゚m゚*)

FF14に関する画像等、著作について

  • 記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の商標、または登録商標です。 Copyright (C) 2010 - 2013 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.
2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

Twitter

無料ブログはココログ